忍者ブログ
no.ACIOLA since 2006.10.1

2018/06/18  [PR]
 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 note  cm:0

ブログではお久しぶりです!!!

 第二話完成しましたね。頑張りました。
 コマ割りとかセリフ回しとかで無い頭をひねってすごく時間かかりました。

 第二話から第一話とはちょっと違った試みを始めたりしてます。
 ・アナログの原稿用紙をA4からB4に変更
 ・枠線・フキダシはデジタルで描く
 ・完成したページからtwitter(@elegnesta)に投稿していく

 Twitterに完成したページから投稿してくの、モチベ維持に大活躍でした。
 B4原稿用紙大きくて若干持て余し気味だったんですけど、小さい人物とかA4よりも格段に描きやすかったので、徐々に慣れていきたいです。

 あと漫画投稿サイトにも投稿したりしてました。このサイト↓
 ・マンガボックス
 ・マンガハック

 あの…マンガボックスさん凄くない……? 閲覧数3000とかいくんですけど……。

 そんなこんなで第二話制作で語っておきたいアレコレがあるので色々書いていこうと思います。読む方は以下からどうぞ。

 ※ネタバレだらけなのでつづきは第二話読了した人向けです※







■ ヒロイン登場


 第二話、やっとヒロインがセリフありで出てくるようになります。
 1P目からヒロイン視点で描いてるんですが、顔は見えないわ話してる詩のフォントが小さくて読めない仕様になってるわで、微妙に読者にストレスを強いてるのではないかと不安です。でもジェレスと出合い頭の顔アップはすごくよく描けたと思ってます!!!

 冒頭の詩の内容はハチャメチャに迷って、pixiv投稿直前まで内容変えようかどうしようか凄く悩んでました。フォントは読めなくても…
 読めない仕様になってるのは、実は詩の内容が物語に全然関係ない内容で、読める大きさにするとコマ内がキツキツになるからなんですけど、ただ「ちゃんと内容のあることを話してるらしいよ」ってことは伝えたくて、極小フォントで表すことにしました。でも今度からこういうことはやめようと思ってます。反省してます。


■ 居酒屋マスターのセリフは難しい
 4Pのマスターさんのセリフも頭をひねってて、pixiv版で変更しました。

[twitter版]

[サイト・pixiv版]


 おじさんの絡みに対してマスターさんが真正面からツッコむのにずっと違和感を覚えていて、でも自分自身が会話ベタなので良いセリフが思い浮かばなくて、pixiv投稿直前になって「これだ!」と思って変更しました。
 人それぞれ思考の繋がり方が違うので必ずしも「Aという話題を振られたのでAに対する返答をする」とは限らず「Aという話題を得てBという返答をする」ことも十分あると思うんですけど、基本的にコミュ症が一人でモソモソ考えてる漫画なので会話が閉塞的になりがちで切ない気持ちになってます。きっと本場の酒場マスターはもっと気の利いたこと言うはず……。


 お金儲けの為に「C:ここでおだててもっと酒飲ませるか…」みたいなのもアリだと思います。


■ モブおじさん
 Twitterでも呟いたんですが「ニオを襲いにかかるモブおじさんをどれくらい生理的に無理な容姿にするか」でけっこう悩みました。
 でもゲスすぎるとヒロインが違うジャンルの扱いを受けることになりそうだったのでわりとソフトというか「普通のおじさんをそれっぽい恰好させただけ」みたいな感じに落ち着きました。



 フキダシで隠れてたんですがおじさんの尻描くの楽しかったです。ムチムチ。
 このおじさんがなんでチチバンドしてるのかは私もよく分かりません。


■ ヒロインを助けるか否か
 体験版ゲームで分岐があったあのシーン


 ゲームでは「助けない」or「助ける」のどちらかの選択肢があって、「助ける」とお金をくすねるし「助けない」とヒロイン見捨てるしでどうしようもない感じだったんですが、漫画版では悩んだ挙句どっちも入れることにしました。だから一回ヒロイン見捨てるしお金もくすねます。救いようがない。


■ キャラに喋らせるべきか否か
 第二話は沈黙が多くて、まともなセリフがないページが6ページもあります。
 まあ作者が口下手だからっていう理由が大きいんですが(…)
 この漫画は極力説明とか省いて描いていこうと思ってます。察してちゃん漫画です。

 ……説明ないと厳しいわって思ったら喋らせることになると思います……。


■ アサッシン(仮)のデザイン


 わりとリテイクしました。
 「アサッシン…忍び…忍者…」って唱えながら考えてたので初期稿が完璧に日本の忍者になってしまって「アイエエ!?ニンジャ!ニンジャナンデエエ!??」って一人でパニクってました。
 正直日本の忍者の面影があんまり抜け切れてない気もしますがけっこう気に入ってます。

 逆に(?)兵士の鎧がぺらっぺらになってしまって「どうやって着てるのかな、痛くないのかな」って不安です。でもマント羽織らせたのは英断だったなと思います。えと……作画が楽になるので。


■ カプ厨の宿命(さだめ)
 私が勝手に問題にしてるあのシーン


 私としても完全に予定外な感じでナチュラルにハグさせてるんですが、なんでかって言うと元々男女カプ沼の住人なのにイチャイチャが描けねえフラストレーションが溜まってて…あの…魔が差しました。主人公が気を失ってるのでギリセーフかなって思ってます! しかし主人公……役得か……。

 このページの詩もTwitter版からちょっと変更しました。


■ 第二話のタイトル悩みました
 めっちゃ悩みました!!!!!!!!!


■ 第二話まとめ
 ネーム段階では「これ読んだ感じ短すぎない? あんまり面白くないような……」と思ってたんですが、ペン入れ始めたら色々イメージ付いてきて自分にとって最高の第二話になったと思ってます。のですごく大満足してます……エヘエヘ

 今は今年積みまくってたゲーム消化しようと思ってて漫画作業投げ出…そうとしてたんですが、創作面白くてゲーム積んだ状態のまま設定とか練り練りしてます。
 ネーム作業は来年頭くらいから始められたらイイナ~~と思ってますのでもし良かったら続きが出たら読んであげてください。

 そんな感じです! そこそこ言いたいこと言ったのでアデューします。では!
PR
この記事にコメントする

name
title
color
URL
comment
password

prev  home  next


忍者ブログ [PR]
  (design by 夜井)